until

みなさんどうも、ワテクシです(`・ω・´)
9月も早いもので、あと一週間程で終わりますね!っていうか今年もあと2ヶ月ちょいで終わりですね!Σ(゚д゚lll)

もう秋かなってくらい夜は寒くなってきましたが…年中ホラーゲーム!ってことで今回はPS4のホラーゲームソフトについて。

まだまだPS4ソフト全体で発展途上なので、今のところあまり数はないですが集めてみました( ^ω^ )
発売してソフトが増えていけば、随時更新していこうかと思います!




ALIEN ISOLATION -エイリアン アイソレーション-

映画でお馴染み『エイリアン』が題材のゲーム。
プレイヤーはリプリーの娘アマンダとなって、映画「エイリアン」と「エイリアン2」を繋ぐ全く新しいエピソードを体験する。

火炎放射などエイリアンを追い払う術はあるものの、基本的には非戦闘で、エイリアンに出くわしたら隠れるか逃げるかして進む”逃げゲー

エイリアンの行動はランダム設計されていて、パターンが読みづらくハラハラします(; ・`д・´)

システム面や表現など、基本はきっちり抑えてあるので、エイリアン知らない人でもSFホラーとして楽しめるはず。

Amazonで見る
楽天市場で見る
駿河屋で見る



Until Dawn(アンティルドーン) -惨劇の山荘-

雪深い山荘に閉じ込められた若者達に起こる惨劇の物語を追体験しながら生き抜くホラー・アドベンチャー

日本版については残虐表現に規制がかかり、当該のシーンで突然暗転して音声のみになるという通称”暗転ドーン“が話題に(; ・`д・´)
 
この規制のせいで評価は著しく悪いです…。だがしかし…だがしかし!
ゲーム自体は非常に良くできていて、PS4ならではのグラフィックや表現、システムは秀逸。

確かに規制は残念だが、それだけでこのゲームをやらないのは勿体ない。
規制などはどうしても許せないというのでない限りは、是非一度プレイをおすすめしたいです。

英語が分かる、もしくは規制シーンを見たいという場合は海外版がおすすめ。

Amazonで見る
楽天市場で見る
駿河屋で見る



真 流行り神2

刑事となり都市伝説を題材にした奇妙な事件を解決していく、『流行り神』シリーズの続編。

今作でもシリーズの特徴である、捜査の方針によって変わる『科学ルート』『オカルトルート』は健在。

題材が都市伝説なので、ガッツリホラーという訳ではないものの、少々「不気味さ」や「奇怪さ」が足りないかなという印象ですね。

大きく外れという訳ではないので、まだ少ないPS4ラインナップの選択肢のひとつとして(; ・`д・´)

Amazonで見る
楽天市場で見る
駿河屋で見る



サイコブレイク

名作・初代バイオハザードを手掛け、「サバイバルホラー」の生みの親である三上真司がディレクションを行った事で、発売前に話題となり期待を生んだ作品。

が、見事に肩透かしを食らったような感じになりましたね(;´Д`)

純粋なゲームとしての難しさ…ではない理不尽な難易度がストレスを溜め、何回も死んで何回もやり直すことで、
死にたくない」「先に進みたくない」という感覚がマヒして恐怖感が薄れてしまった印象。

後日出たアップデートでこの難易度に関する部分がいくらか緩和されたみたいですが、自分は早々に売ってアップデート後は未プレイですが、どう変わったのか…

今プレイしたらひょっとしたら、お値段も安いことですしお値段分は楽しめるかも。

Amazonで見る
楽天市場で見る
駿河屋で見る


outlast
OUTLAST(アウトラスト)

業界最恐と名高いOUTLAST。
こちらはダウンロード版で北米版ですが、デフォルトでオプションに日本語字幕が入っています( ^ω^ )
 
主人公は戦闘手段を持たない所謂『逃げゲー』
個人的に一番好きなホラーゲームで、恐怖の対象は幽霊や化け物ではなく”精神異常者

以前レビューを記事にしたので興味がありましたらそちらも見てみて下さいヽ(°▽、°)ノ

⇒個人的なおすすめホラゲー『OUTLAST』レビュー


daylight
DAYLIGHT(デイライト)

こちらもダウンロード専用タイトル。
スマートフォンの明かりを頼りに、廃病院からの脱出を目指すというもの。

基本的には各ルートに散りばめられた記録の断片を収集し、”“となる異物を探してエリアを進んで行く…の繰り返し。

幽霊の登場や演出は結構ビックリするところがあるが、結構ワンパターンなので何回か繰り返すと慣れてしまうかも(; ・`д・´)

しかし、ゾンビゲー等の『サバイバルホラー』系が増えてきた昨今、純粋に幽霊が出てくるホラーゲームができるのは嬉しい。

因みにマップの自動生成要素がありプレイするたびに地形が変化しますが、あまり周回はしなさそう(^_^;)


neverendingnightmares
ネバーエンディングナイトメア

製作者自身が過去に強迫性障害と鬱に苦しんでいた感覚を、ゲームに反映させた作品。

自分はSteamで購入し、PCでプレイしましたがPS4でもプレイできるようになりました。

ゲームとしては特に難しい謎解きや戦闘がある訳でもなく、ただひたすら悪夢の中を彷徨って歩く感じ。

独特の描写とタッチで描かれる陰鬱とした雰囲気は、他に類を見ないオリジナリティがあります( ^ω^ )



CHAOS;CHILD 

『CHAOS;HEAD NOAH』、『STEINS;GATE』、『ROBOTICS;NOTES』に続く科学アドベンチャー第四弾。

碧朋学園』に通う青年「宮代拓留」は、新聞部の活動として猟奇的で奇妙な連続殺人事件を追っていく内に、狂気の世界へと巻き込まれていく。

『STEINS;GATE』の大ヒットでその名が知れ渡った科学アドベンチャーシリーズですが、続きの気になる物語の展開は健在でさすがの一言ですね。

Amazonで見る
楽天市場で見る
駿河屋で見る


 Layers of Fear
Layers of Fear(レイヤーズオブフィアー)

自分はSteamでプレイしたんですが、PS4にもダウンロード版で登場しましたね!
日本語字幕対応してますので安心です(^ω^)

P.T.」の影響を多大に受けたであろう作風で、内容は狂気に陥った画家の精神世界を探索していきます。

簡単な謎解きはあるもののほぼルートを歩くだけのゲームで戦闘もなく濃いストーリー性もありません。

しかし演出が非常に凝っており、ビックリ系ではないもののその演出に驚かされ、ワクワクさせられます。
よくできたお化け屋敷ゲーム

サイレントヒルの新作という事だった「P.T.」

しかし開発が凍結した今、P.T.みたいなゲームを待ってた!という方は是非ダウンロードしてみて下さい(^ω^)


という訳で、このジャンルはまだまだラインナップが少ないですが、今後はバイオハザード7Until Dawnの新作のリリースが予定されているので楽しみですね( ^ω^ )

またラインナップが増えてきた追加で更新していきたいと思います!

 
⇒その他おすすめホラーゲームはこちら

⇒その他おすすめのPS4ソフト一覧はこちら

⇒無料でゲームソフトを手に入れる裏ワザはこちら