steamホラー

夏ですね!いや…夏休みも終わった頃だとは思いますが(; ・`д・´)
ちょい出遅れですが夏と言えばホラーということで、今回はSteamで配信されているホラーゲームについて紹介したいと思います。



とはいえ、日本語でできるものor日本語化できるものしかほぼプレイしていないので、紹介出来るのは少ないですが未プレイのものがあれば参考になったら嬉しいです( ^ω^ )

 outlast
OUTLAST

PS4の北米版でも配信されていて、デフォルトでオプションから日本語字幕が選択できます。

自分はPS4でやったくちですが、Steamでも配信されていますね。

心霊ものではなくとある精神病院の異常者達が恐怖の対象ですが、主人公に戦闘の術はなく逃げるのがメインです。
銃でガンガン倒したい人には向かいないですが、とにかく見つかってはいけないという緊張感がハラハラさせます。

それまでAmnesia The Dark DescentがSteamホラーの金字塔とされていましたが、その歴史を塗り替えたと名高い名作

最近はSteamのセール時に500円以下になるのでおすすめです。
近年続編にあたるOUTLAST2のリリースが予定されているので楽しみですね!

Steamで見てみる


スレンダーマン
SLENDER THE ARRIVAL

アメリカの都市伝説で有名なスレンダーマンを題材にしたゲーム。

こちらは日本語サポートや日本語化はできそうになかったのでそのままプレイしましたが、特にストーリー性は濃くないので問題ないかなとw

ゲーム的には各ステージに散りばめられた、事件の手がかりとなりそうな「メモ」を集めていく探索ゲーになります。

時折スレンダーマンが現れ、その前兆としてビデオカメラにノイズが走ります。
一応スレンダーマン以外にもなんかお化けっぽいのはちょっとだけ出てきますw

恐怖演出は全体的に少な目ですが、とあるステージの教会でのスレンダーマンの登場の仕方に思わずビクッとなり鳥肌立ちました(;´Д`)

声を大にしておすすめできる訳ではないのですが、その一部の演出が気に入ったので載せてみましたw
値段も安いので、興味が湧いたら是非。

Steamで見てみる


amnesia
Amnesia The Dark Descent

OUTLASTの登場まではSteamホラー界の金字塔として長年君臨し、ユーザーや各誌が選ぶナンバーワンホラーに何度も輝いた名作

主人公は戦えない系で正気度を表すSAN値という概念があり、SAN値が溜まってくると視界が乱れたりキャラが歯ぎしりをして、限界を超えると正気を失い倒れてしまいます。

暗いところに居続ければSAN値がたまり、明るいところに居続ければ異形の者に見つかるという緊張感があります。

…が、個人的には謎解きメインで、いつ怖くなるのかな~?と思っていたらクリアしてしまったという感じ。
じわじわ系なのですが、ちと謎といてまたすぐ謎解きという感じで少々面倒に感じましたね(;´Д`)

ただ、Steam評価では長年圧倒的好評を得ているので、ビックリ系よりじわじわ系が好きで、謎解き好きなら良いかもしれません。

日本語サポートはされていませんが、有志のパッチで日本語化可能です( ^ω^ )

Steamで見てみる


cry of fear
CRY OF FEAR

Half-Lifeの有名なMODをスタンドアローン化したもので、無料でプレイすることができます。

無料とは思えないほどの完成度とボリュームで、演出面はビックリ系とじわじわ系がうまく融合されいます。

日本のサイレントヒルに影響を受けているということで、ストーリー面やステージの雰囲気にも随所にその影響を感じられましたね(; ・`д・´)

日本語サポート、日本語化はないですが、プレイする時は考察サイトなどでストーリーを追ってみることをおすすめします。

マルチエンドで途中のフラグポイントによって、ルートが分かれるのですが、ルートによって最後に判定がシビアな鬼畜ステージが登場します。

自分はそのステージのクリアに3時間近くかかりましたねw

Steamで見てみる
 


dreadout
Dread Out

こちらは日本の零に影響を受けて開発されたというインドネシア産のホラーゲーム。

零の影響ということで主人公は写真撮影悪霊と戦います。

謎解きが結構難しいところがあり、自分は攻略サイト見ながらのクリアでしたね(;´Д`)
あと、理不尽な初見殺しもありそこそこストレス感じる部分ありますw

最初の方の雰囲気はじめっとした和製ホラーっぽいところもありそこそこ楽しむことはできました。

このゲームの良いところはポニーテールとおっぱいです。

Steamで見てみる


Layers of Fear
Layers of Fear

個人的に今年プレイしたホラーゲームの中でナンバーワンなこちら。

「P.T.」ライクなゲームになっていて、日本語サポートもされています。

内容は狂気に陥った画家の精神世界を探索していくのですが、簡単な謎解きはあるもののほぼルートを歩くだけのゲームで戦闘もありません。

しかし演出が非常に凝っており、ビックリ系ではないもののその演出に驚かされ、ワクワクさせられます。
よくできたお化け屋敷ゲームという感じですかね( ^ω^ )

コアなゲーマーな方にはやることなくて単調と感じるかもしれませんが、「P.T.」が気に入った方には是非プレイしてもらいたいですねヽ(°▽、°)ノ

⇒その他おすすめホラーゲームはこちら