ホラー

WiiやWiiUで発売しているおすすめホラーゲームをまとめてみました!といってもWiiUは一点だけですけども…(^_^;)




CALLING ~黒き着信~

黒のページ”と呼ばれる謎のサイトにアクセスしたことで、死者の記憶の断片によって形成された”境界”に魂を取り込まれてしまった人々の恐怖を描くホラーアドベンチャー。

敵と戦う事はできず基本逃げるのみ。
恐怖の演出が秀逸で随所でビクッとなるポイントが散りばめられている。

Amazonで見る



零 ~月蝕の仮面~

PS2から続く零シリーズの中では怖さはヌルめになっているが雰囲気や世界感はばっちり継承されていて、耐性が弱い人にはじゅうぶんな怖さがある。

これまでの和の雰囲気から洋に転じていてこれまでのシリーズとは違うアプローチの恐怖体験ができる。

Amazonで見る



イケニエノヨル

暗闇に閉ざされた渓谷を懐中電灯1本で探索する恐怖感と、その先に待つドラマチックな物語が特長のホラーゲーム。

操作性にやや難を感じるがビクッとさせる仕掛けは豊富。全シナリオクリアでできる呪いモードでは歩くたびに女性の喘ぎ声が聞こえるという恐怖とエロのコラボレーション。

Amazonで見る



SILENT HILL SHATTERED MEMORIES

1999年に発売された『SILENT HILL(サイレントヒル)』をベースとして、内容を再構築したその名もサイレントヒル シャッタードメモリーズ。

本作では敵を攻撃する術がなく遭遇すれば逃走するのみ。

「心理プロフィール」システムによりホラーっていうか心理分析ゲームな感じに。

PS版を未プレイであれば初代サイレントヒル等の過去作をおすすめしたい。

Amazonで見る



零 ~眞紅の蝶~

地図から消えた村を舞台に、禁じられた祭りにまつわる惨劇が描かれた「零~紅い蝶~」が、新しいグラフィックとWiiならではのゲームシステムで新生。

オリジナル版の1枚絵視点からTPS視点になっていることでゲーム性が向上している。
セーブポイントが増加したのも嬉しい。

Amazonで見る



恐怖体感 呪怨

1999年に東映ビデオから発売された「呪怨」がWiiでゲームとして蘇る。Wiiリモコンを主に懐中電灯として使用、どれだけ怖がったかを測定する「ビビリ度判定」等、家族やカップル、友達と盛り上がる機能も搭載。

一時期はニコ生ゲーム実況でも良くみかけた。

Amazonで見る



デッドスペース エクストラクション

2008年、世界で140万本を売り上げ、過激表現で話題となった「Dead Space」の最新作。

Wiiリモコンからセリフが聞こえてきたり、リモコンを振ってライトをつける等Wiiならではの操作感で楽しめる。

飛び散る血液に部位破壊による手足の千切れ等規制されずに表現されている。

Amazonで見る



零 ~濡鴉ノ巫女~

シリーズの恐怖感を余すとこなく継承し、謎解きよりも戦闘主体になり、また戦闘もやり応えのあるものになっている。

主人公はかわいくて衣装もちょいエロ、衣服が水に濡れるなど・・・

ホラー要素もしっかりしているがシリーズの中では薄味かも。

Amazonで見る

⇒その他おすすめホラーゲームはこちら

⇒無料でゲームソフトを手に入れる裏ワザはこちら